技能実習制度 その他の業種と作業内容

介護の外国人

家具製作

家具手加工作業

手工具等を使用し、提示された図面等に基づき「木取り」、「木作り」、「墨付け」、「仕上げ」、「組立て」、「仕込み・釣込み」等の諸工程をとおして木製家具(注)の製品を製作・加工する作業としています。
※ 注 家具とは(日本標準商品分類から家具に分類されいてるものを抜粋(小分類)した。)たんす類、戸だな類、たな類、箱類、フォノキャビネット、机類、テーブル(卓子)類、鏡台類、台類、いす(椅子)及び腰掛け、ベッド類、ロッカー類、器物台類、帽子掛け及びかさ(傘)立、ベビーサークル及び揺らん、サービスワゴン、本立(ブックエンドを含む)及びマガジンラック、黒板、冷蔵庫(電気を使用しない冷蔵庫)、火ばち、教壇及び演壇、ふみ台、家具の部分品及び付属品、その他の家具をいい、いずれも木製

のものをいう。複数の材料で製作されるものにあっては50%を超える部分(容積)が木材及び木質材料であること。

作業の定義

 印刷

オフセット印刷作業

オフセット印刷機を使用し、印刷物を印刷する作業としています。

作業の定義

グラビア印刷作業

グラビア印刷機を使用し、印刷物を印刷する作業をいう。

作業の定義

 製本

製本作業

製本用材料として印刷された定期出版印刷物、不定期出版印刷物、宣伝用印刷物、業務用印刷物、事務用品印刷物、その他の出版印刷物、その他の商業印刷物、表紙、カバー及び扉等及び製本に必要な材料等を使用して製本する作業としています。

作業の定義

 プラスチック成形

 圧縮成形作業

圧縮成形条件を設定した後で、加熱した金型内にプラスチック材料を投入(上型と下型からなる金型の下型に入れる)し、圧力をかけながらこれを加熱溶融させ、充分硬化させた後、当該成形品を取り出す一連の作業で、これを圧縮成形(コンプレッション成形)(※)としています。
※ 成形:圧縮成形条件(金型温度等)の設定に基づく。

作業の定義

射出成形作業

プラスチック材料を加熱し、当該成形品を作成するに適した成形条件(樹脂温・射出圧力・射出時間・射出速度・計量値・金型温度・背圧等々)を設定し、溶融されたプラスチック材料を金型の中へ高圧で充填し形を作る(※)作業としています。
※ 成形:射出成形条件(樹脂温度、射出圧力等)の設定に基づく。

作業の定義

インフレーション成形作業

溶融されたプラスチック材料を丸ダイを通じて円筒状に押し出し、空気で膨らまして風船状にした後、冷却しロール状にする作業としています。

作業の定義

ブロー成形作業

溶融されたプラスチック材料を、チューブ状に予備成形(パリソン)し、内部に空気を吹き込んで中空製品を作る作業としています。
(ガス射出成形と異なる点は、試験管状やパイプ状の製品の壁厚の基になるものが予めできていることである。)
(参考)「びん」のような中空になった成形品を作る方法で、押出機先端のダイオリフィスから、溶融した熱可塑性樹脂の管状パリソンを連続または間欠的に押し出し、割型となったブロー用冷却金型の閉鎖で一端もしくは両端を閉じるとともに、各種方法で圧縮空気を吹き込みパリソンを膨張させ、金型内面(キャビティ)で、冷却固化させ、金型を開き成形品を取りだす成形法。

作業の定義

強化プラスチック成形

手積み積層成形作業

主に常温硬化樹脂を使用し、手作業(接触圧)で型(雄型又は雌型を使用)内に強化材(布やグラスファイバ等の繊維マット)に液体状の樹脂等を刷毛(はけ)やローラで含浸させ、脱泡しながら所定の厚さまで積層成形し、常温の大気圧中で放置して硬化させる作業としています。

作業の定義

塗装

建築塗装作業

建築物内外部のコンクリート、木部、金属、ボード類、モルタル等の素地に対して行う塗装及びこれに関連する作業としています。
被塗装物の例
1.木部2.鉄鋼面3.軽金属面4.亜鉛めっき鋼面5.プラスタ、モルタル、しっくい、コンクリート及び軽量気泡コンクリート 6.石膏ボード 7.けい酸カルシウム板

作業の定義

 金属塗装作業

金属性素材や非鉄金属・合金材及びめっき材等で構成される対象物に対して行う塗装及びこれに関連する作業としています。
被塗装物の例
1.一般鋼材及びその処理鋼板 2.鋳鉄品及び鋳鋼品3.ステンレス鋼材4.アルミニウム材及びその合金材 5.亜鉛材及びその合金材 6.その他の金属材料

作業の定義

 鋼橋塗装作業

鋼製橋梁や鋼構造物等を構成する構造物または付属物に対して行う塗装及びこれに関連する作業としています。
被塗装物の例(一般的には被塗物は普通鋼材である)
1.普通鋼材2.鋳鉄材及び鋳鋼材 3.ステンレス鋼材 4.耐候性鋼材5.亜鉛めっき鋼材 6.非鉄金属材7.鋼材及びその他合金材

作業の定義

噴霧塗装作業

噴霧塗装用の機械、噴霧塗装用設備等を使用して工業塗装作業等における被塗装物及び塗料の種類に応じた噴霧塗装の方法により行う作業としています。
参考
噴霧塗装作業は、「技能検定試験の試験科目及びその範囲並びにその細目」で工業塗装作業におけるエアスプレー塗装機、エアレススプレー塗装機、静電塗装機等の塗装機器の扱いに重点が置かれている。
被塗装物の例
工業塗装作業等で塗装される各種製品・部品等

作業の定義

溶接

手溶接

アーク溶接機を使用し、手作業による溶融溶接(融接)を行う。
参考 溶接は、その接合の仕方により「融接」、「圧接」及び「ろう接」に分類される。融接は、被溶接材(母材)の接合しようとする部分に熱を加え、母材と溶加材(溶接棒、ワイヤ等)を融合させてできた溶融金属を凝固させて接合する方法としています。

作業の定義

 半自動溶接

半自動アーク溶接機を使用し、手作業による溶融溶接(融接)を行う。
参考 溶接は、その接合の仕方により「融接」、「圧接」及び「ろう接」に分類される。融接は、被溶接材(母材)の接合しようとする部分に熱を加え、母材と溶加材(溶接棒、ワイヤ等)を融合させてできた溶融金属を凝固させて接合する方法としています。

作業の定義

工業包装

工業包装作業

工業包装作業は、物品を輸送、保管することを主目的として施す作業であり、内装及び外装作業としています。
(参考1)工業包装(JISZ 108:2012):物品を中間業者に配送すること,及び/又は保管することを主目的として施す包装(参考2)技能検定試験は工業製品の輸送用包装に必要な技能を対象としています。

作業の定義

紙器・段ボール箱製造

印刷箱打抜き作業

打抜加工機を使用して多面付けで印刷及び表面加工されてきた板紙を1個型に打抜き、同時に箱に折り曲げるための罫線を入れる作業としています。

作業の定義

印刷箱製箱作業

打抜き加工(印刷済み)により1個型になったブランクシートに仕上げ加工機(製箱機)を使用してくせ折り、接着剤による貼り合わせ及び折りたたみ加工をする作業としています。

作業の定義

貼箱製造作業

貼箱製造器(罫入機、角切機、断裁(裁断)機、糊付け機等)を使用し、貼箱(※)の材料(板紙、薄紙等)をテープ止め、くるみ、折り込み等を行う作業としています。
(※) 貼箱:板紙(厚紙)による箱を薄紙(化粧紙)等で包んで作る化粧箱をいいます。

作業の定義

 段ボール箱製造作業

段ボール箱製造機械を使用し、段ボール箱(注1)〔段ボール(注2)で作った箱〕の製造を行う作業としています。
注1 段ボールで作った箱。用途によって次の種類があります。
1.外装用段ボール箱 2.内装用段ボール箱 3.個装用段ボール箱
注2 波型に成形した中芯(しん)の、片面又は両面にライナをはったもので、次の種類があります。
1.片面段ボール 2.両面段ボール 3.複両面段ボール4.複々両面段ボール

作業の定義

陶磁器工業製品製造

機械ろくろ成形作業

機械ろくろ成形機及び一連の機械・装置等を使用し、陶磁器製飲食器等製品を量産製造(注)する作業としています。
注 量産製造とは、工業製品としての陶磁器製飲食器等製品を量産する製造形態をいい、伝統的な手工芸品・陶芸品の製造形態と区分している。生産規模として一定量の量産が可能で、陶磁器製飲食器等製品を一般消費者に求められる品質を保ち、適切な価格で、繰り返し安定供給する製造形態をいいます。

作業の定義

圧力鋳込み成形作業

加圧式鋳込み機及び一連の機械・装置等を使用し、陶磁器製飲食器等製品を量産製造(注)する作業としています。
注 量産製造とは、工業製品としての陶磁器製飲食器等製品を量産する製造形態をいい、伝統的な手工芸品・陶芸品の製造形態と区分している。生産規模として一定量の量産が可能で、陶磁器製飲食器等製品を一般消費者に求められる品質を保ち、適切な価格で、繰り返し安定供給する製造形態をいいます。

作業の定義

パッド印刷作業

パッド印刷機及び一連の機械・装置等を使用し、陶磁器製飲食器等製品を量産製造(注)する作業としています。
注 量産製造とは、工業製品としての陶磁器製飲食器等製品を量産する製造形態をいい、伝統的な手工芸品・陶芸品の製造形態と区分している。生産規模として一定量の量産が可能で、陶磁器製飲食器等製品を一般消費者に求められる品質を保ち、適切な価格で、繰り返し安定供給する製造形態をいいます。

作業の定義

自動車整備

 自動車整備作業

道路運送車両法に基づく、日常点検整備(※1)、定期点検整備(※2)、分解整備(※3)、新規検査における整備(※4)、継続検査における整備(※5)、構造等変更検査における整備(※6)、一般整備(※7)の作業としています。
※1 日常点検整備とは、道路運送車両法(昭和26年6月1日法律第185号)第47条の2の整備をいう。
※2 定期点検整備とは、道路運送車両法第48条の整備をいう。
※3 分解整備とは、道路運送車両法第49条第2項に基づく、道路運送車両法施行規則(昭和26年8月16日運輸省令第74号)第3条に該当する整備をいう。
※4 新規検査とは、道路運送車両法第第59条の検査をいう。
※5 継続検査とは、道路運送車両法第62条の検査をいう。
※6 構造等変更検査とは、道路運送車両法第67条の検査をいう。
※7 一般整備とは、故障修理等で入庫した自動車の整備をいう。
(参考)必須作業の(1)①ⅰ)の 車検とは、上記※4~※6までの検査をいう。
注 自動車整備作業を行う場合、道路運送車両法(昭和26年6月1日法律第185号)第78条に基づき、地方運輸局長から認証を受けた自動車分解整備事業場(対象とする装置の種類が限定されていないこと)における作業でなければならない。なお、対象とする自動車の種類が二輪自動車のみの自動車分解整備事業場は除くものとします。

作業の定義

ビルクリーニング

 ビルクリーニング作業

ビルクリーニングは、不特定多数の利用者が利用する建築物(注1)の内部を対象に、衛生的環境の保護、美観の維持、安全の確保及び保全の向上を目的として、場所、建材、汚れ等の違いに対し、方法、洗剤及び用具を適切に選択して場所別及び部位別(注2)の清掃作業(注3)を行い、建築物に存在する環境上の汚染物質を排除し、清潔さを維持する作業としています。
(注1) 住宅(戸建て、共同住宅の専有部分等)を除く建築物をいう。
(注2) 場所別とは、玄関ホール、通路、トイレ、昇降機、事務室等の区分をいい、部位別とは、床、壁面、天井、立体面等の区分をいう。
(注3) 清掃作業のうち、日常清掃作業は、毎日1回以上等の頻度で行う作業をいい、定期清掃作業は、年又は月等の単位で定期的に行う作業をいう。
また、中間清掃作業は、日常と定期清掃作業との間で、汚れの程度に応じて清掃する作業をいい、臨時清掃作業は、契約以外で臨時的あるいは特別に実施する作業をいう。
※ 当該職種・作業で技能実習を実施する場合、建築物における衛生的環境の確保に関する法律(昭和45年法律第20号)第12条の2第1項に掲げる登録業種のうち、第1号の「建築物清掃業」又は第8号「建築物環境衛生総合管理業」の登録を受ける必要がある。

作業の定義

介護

技能移転の対象となる業務

身体上または精神上の障害があることにより、日常生活を営むのに支障がある人に対し、入浴や排泄、食事などの身体上の介助やこれに関連する業務としています。

技能移転の対象となる業務内容は、大きく「必須業務」「関連業務」「周辺業務」「安全衛生業務」に分かれています。

「必須業務」

技能実習生が必ず行わなければならない業務であり、技能実習計画において業務時間全体の2分の1以上とする必要があります。介護業務では、身じたく・食事・入浴・排せつ等の身体介護がこれに該当します。

「関連業務」

必須業務に関連して行われ、技能等の向上に直接又は間接に寄与する業務である。技能実習計画においては、業務時間全体の2分の1以下とする必要があります。介護業務では、掃除・洗濯・調理業務や機能訓練の補助やレクリエーション業務、記録・申し送りがこれに該当します。

「周辺業務」

必須業務に関連して通常携わる業務のうち、上記の関連業務を除いたものをいう。技能実習計画においては、業務時間全体の3分の1以下とする必要があります。介護業務においては、掲示物の管理や福祉用具の点検・管理、物品管理がこれに該当します。

「安全衛生業務」

技能実習生が必ず行わなければならない業務であり、必須業務、関連業務、周辺業務に従事させる時間のうち、それぞれの 10 分の1以上を充てる必要があります。安全衛生教育や事故防止のための教育、や疾病・腰痛予防、福祉用具の使用方法や点検業務、緊急時対応がこれに該当します。

作業の定義

関連記事

外国人労働、技能実習制度について2017 年 11 月 1 日、外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(平成 28 年法律第 89 号、以下「技能実習法」と表記)の施行に合わせ、外国人技能実習制度の対象職種に介護職[…]

技能実習介護

リネンサプライ

リネンサプライ仕上げ作業

1.リネンサプライ仕上げ作業とは、清潔に洗濯されたリネン(※1)を品種別にプレス又は乾燥の処理を施した後に畳み、検品、結束するまでの一連の作業としています。
① リネンサプライ職種とは、日本標準産業分類の細分類「7813 リネンサプライ業」(「大分類N-生活関連サービス業、娯楽業」「中分類78-洗濯・理容・美容・浴場業」「小分類781洗濯業」)をいいます。
② リネンサプライ業とは、繊維製品を使用させるために貸与し、その使用後回収して洗濯して仕上げ、更にこれを貸与することを繰り返して行う事業をいいます。
※1 ホテルリネン関係(ホテル、旅館、レストラン、スーパー銭湯、サウナバス、ゴルフ場等で使用されるシーツ、デュベ(羽毛布団)カバー、包布、ピローケース、タオル、浴衣・ガウン・館内着、テーブルクロス、ナプキン、ユニフォーム等)及び病院寝具関係(病院、診療所等で使用されるシーツ、デュベ(羽毛布団)カバー、包布、ピローケース、病衣、パジャマ、ドローシーツ等)の繊維製品をいいます。
2.リネンサプライ仕上げ作業を行う場合、「衛生基準」(※2)の認定を受けた施設における作業でなければならない。
※2 ホテルリネン関係では(一社)日本リネンサプライ協会が定める「リネンサプライ業に係わる洗濯施設及び設備に関する衛生基準」、病院寝具関係では(一財)医療関連サービス振興会が定める「寝具類洗濯業務に関する基準(認定基準)」をいいます。

作業の定義

コンクリート製品製造

コンクリート製品製造

社会基盤施設に用いるコンクリート製品(レディーミクストコンクリート(生コンクリート)を除く。)を製造工程が一貫して管理された工場で製造する作業としています。
※クレーン又はフォークリフトの運転の業務及び玉掛けの業務は必須業務に含まない。

作業の定義

 宿泊

接客・衛生管理作業

宿泊、飲食、会合等での施設の利用客に対する、到着時・出発時の送迎、チェックイン・チェックアウト作業、滞在中の接客作業や料飲提供作業、またそれらに伴う施設の準備・整備、利用客の安全確保、衛生管理のための作業をいいます。

作業の定義

 

★外国人労働者の雇用を検討されている企業様へ

外国人労働者アクセスでは企業様に合った実績のある優良な監理団体や登録支援機関を無料にてご紹介しています。

例えば
●受入れについてのご相談
●外国人人材のご紹介
●入管や機構への提出書類
●就労後の支援活動内容やサポート費用等
ご不明点などありましたら、お気軽にご相談ください。