日本語能力試験について

日本語能力検定は、公益財団法人日本国際教育支援協会と独立行政法人国際交流基金が主催の日本語を母国語ではない人を対象にした世界最大規模の日本語の検定試験です。国内の留学生のほか、日本への留学を考えている海外の学生やビジネスマンの受験が多いです。試験のレベルは5段階に分かれており、自分に合った級を選ぶことが可能です。

試験級とレベル

いちばんやさしいレベルがN5で、いちばん難しいレベルがN1です。

日本語能力試験のレベル認定の目安は、「読む」「聞く」という言語行動で表し記述していませんが、それぞれの言語行動を実現するための、文字・語彙・文法などの言語知識も必要となります。

【N1】幅広い場面で使われる日本語を理解することができる

読む

  • 幅広い話題について書かれた新聞の論説・評論など、論理的にやや複雑な文章や抽象度の高い文章などを読んで、文章の構成や内容を理解することができるレベルとしています。
  • さまざまな話題の内容に深みのある読み物を読んで、話の流れや詳細な表現意図を理解することができるレベルとしています。

聞く

  • 幅広い場面において自然なスピードの、まととまりのある会話ゃニュース、講義を聞いて、話の流れや内容、登場人物の関係性や内容の論理構成などを詳細に理解したり、要旨を把握したりすることができるレベルとしています。。

【N2】日常な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができる

読む

  • 幅広い話題について書かれた新聞や雑誌の記事・解説・平易な論表など、論旨が明快な文章を読んで文章の内容を理解することができるレベルとしています。

聞く

  • 日常的な場面に加えて幅広い場面で、自然に近いスピードの、まとまりのある会話やニュースを聞いて、話の流れや内容、登場人物の関係を理解したり、要旨を把握したりすることができるレベルとしています。

【N3】日常な場面で使われる日本語をある程度理解することができる

読む

  • 日常的な話題について書かれた具体的な内容を表す文章を、読んで理解することができるレベルとしています。

聞く

  • 日常的な場面で、やや自然に近いスピードのまとまりのある会話を聞いて、話の具体的な内容を登場人物の関係などとあわせてほぼ理解できるレベルとしています。

【N4】基本的な日本語を理解することができる

読む

  • 基本的な語彙や漢字を使って書かれた日常生活の中でも身近な話題の文章を、読んで理解することができるレベルとしています。

聞く

  • 日常的な場面で、ややゆっくりと話される会話であれば、内容がほぼ理解できるレベルとしています。

【N5】基本的日本語をある程度理解することができる

読む

  • ひらがたやカタカナ、日常生活で用いられる基本的な感じで書かれた定型的な語句や文、文章を読んで理解することができるレベルとしています。

聞く

  • 教室や身の回りなど、日常生活の中でもよく出会う場面で、ゆっくり話される短い会話であれば、必要な情報を聞き取ることができるレベルとしています。

 

出題範囲

【N1】

①言語知識(文字・語彙・文法)、読解〈110分〉②聴解〈60分〉

【N2】

①言語知識(文字・語彙・文法)、読解〈105分〉②聴解〈50分〉

【N3】

①言語知識(文字・語彙)〈30分〉②言語知識(文法)、読解〈70分〉③聴解〈40分〉

【N4】

①言語知識(文字・語彙)〈30分〉②言語知識(文法)、読解〈60分〉③聴解〈35分〉

【N5】

①言語知識(文字・語彙)〈25分〉②言語知識(文法)、読解〈50分〉③聴解(会話などの音声を聞いて質問に答えるリスニング)〈30分〉