農業生産にコロナの影 外国人実習生が来ない!【日本経済新聞2022年1月29日】

長引く新型コロナウイルスの感染拡大が、農産物の生産に影を落としている。外国人の入国を原則停止する「水際対策」が響き、農作業を支える技能実習生などが入って来られない状態が続いているのだ。生産規模を縮小するなど、一部ではすでに深刻な影響が出始めている。

「このままの状態が続けば、人手不足で生産を減らさざるをえなくなる可能性がある」。野菜とコンニャクの栽培や加工を手がける農業法人、グリンリーフ(群馬県昭…

日本経済新聞

長引く新型コロナウイルスの感染拡大が、農産物の生産に影を落としている。外国人の入国を原則停止する「水際対策」が響き、農作…