堀江貴文氏、米国が日本の技能実習を問題視に見解「現代の奴隷制度」「国内では無視」【デイリー2021年7月2日】

堀江貴文氏

堀江貴文氏

 

実業家の堀江貴文氏が2日、自身のツイッターに新規投稿。米国務省が1日に発表した人身売買報告書で日本の技能実習を問題視したことについて、「現代の奴隷制度に他ならない。ってずっと言ってましたが国内では無視でしたね」と見解を示した。

米国務省は2021年版の報告書で、日本について国内外の業者が外国人技能実習制度を「外国人労働者搾取のために悪用し続けている」として問題視。政府の取り組みは「最低基準を満たしていない」として4段階評価で上から2番目のランクに据え置き、政府当局の監視強化などが必要だと明記し、厳罰化も求めた。

デイリースポーツ online

 実業家の堀江貴文氏が2日、自身のツイッターに新規投稿。米国務省が1日に発表した人身売買報告書で日本の技能実習を問題視し…