外国人技能実習見直しへ勉強会【朝日新聞2022年1月15日】

技能実習と、14分野で働ける「特定技能」の外国人向けの両制度を見直す検討をするため、出入国在留管理庁は14日に勉強会を設置した。有識者や両制度に関わる人たちからヒアリングし、制度の現状を整理して課題を洗い出す。古川禎久法相は同日の記者会見で、「改めるべきは改めるという誠実さを旨とし、制度のあり方について多角的観点から検討を進めたい」と語った。

両制度はそれぞれの法律の付則で、時期を定めて見直しに向けた検討が求められており、勉強会はこの規定を踏まえたもの。

朝日新聞デジタル

 技能実習と、14分野で働ける「特定技能」の外国人向けの両制度を見直す検討をするため、出入国在留管理庁は14日に勉強会を…