外国人労働者 技能実習制度 監理団体(協同組合)【広島県広島市安佐北区】

外国人労働者 監理団体とは

国際協力の推進を目的とする技能実習制度において重要な役割を果たす機関であり、営利を目的としない法人であることが求められています。
技能実習制度において、監理事業を行おうとする者は、あらかじめ、主務大臣から監理団体の許可を受ける必要があります。
監理団体の許可には、事業区分として、
・ 一般監理事業(第1号、第2号及び第3号の技能実習の実習監理が可能)
・ 特定監理事業(第1号及び第2号のみの技能実習の実習監理が可能)
の2区分があり、一般監理事業の許可を受けるためには、高い水準を満たした優良な監理団体でなければなりません。

特定監理事業

技能実習1号、技能実習2号までの管理事業を行います。許可の有効期間は3年または5年と定められています。(前回許可期間内に改善命令や業務停止命令を受けていない場合)

一般監理事業

技能実習1号、技能実習2号、技能実習3号までの管理事業を行います。
(技能実習3号までの実習監理をしない場合でも、一般監理事業の許可を受けると、受入れ人数枠の拡大が認められます)
許可の有効期間は5年または7年と定められています。(前回許可期間内に改善命令や業務停止命令を受けていない場合)
広島県下を市町村別に監理団体を明記していますので、ご利用ください。

広島市 中区 西区 南区 東区 安佐南区 安佐北区 佐伯区 安芸区

福山市 東広島市 尾道市 呉市 廿日市市 三原市 海田町 安芸高田市 府中市 江田島市 三次市 庄原市

エヌ・ビー・シー協同組合(東京都品川区)

 監理団体 

エヌビーシー組合

0334580881
メールお問合せ
東京都品川区東品川4-10-13 KDX東品川ビル2F
監理団体 許可番号許 1704000292
登録支援機関許可番号 19登-003383
 対応エリア 全国対応(沖縄県除く)
関連記事

今後の広島県人口の推移 広島県人口の傾向・人口減少が続いており、2020年から2045年までの25年間で約41.5万人減少する見込まれます。全国の生産年齢人口(15~64歳)は、20[…]

広島県地図

広島市安佐北区の外国人労働者 監理団体

MCC協同組合

住所
広島県広島市安佐北区可部5-20-5 石田ビル303
団体種別
特定
2号移行対応職種
食品製造関係
・そう菜製造業
その他
・ビルクリーニング
受入国
インドネシア、カンボジア、フィリピン、ベトナム

もみじ協同組合

住所
広島県広島市安佐北区口田南6-3-5
団体種別
一般
2号移行対応職種
農業関係
・耕種農業 畜産農業
漁業関係
・養殖業
建設関係
・さく井 鉄筋施工 とび 建設機械施工
食品製造関係
・加熱性水産加工食品製造業 非加熱性水産加工食品製造業 牛豚食肉処理加工業 そう菜製造業
機械・金属関係
・ダイカスト 機械加工
受入国
ベトナム、中国

センイアッセ協同組合

住所
広島県広島市安佐北区白木町大字秋山2701-6
団体種別
一般
2号移行対応職種
繊維・衣服関係
・婦人子供服製造 帆布製品製造
受入国
フィリピン、ベトナム、中国

関連記事

技能実習生を受け入れるために、企業として一番の頼りはどこの監理団体を選ぶかです。2020年2月21日現在に全国2,912件の監理団体が存在しています。それぞれの特徴があります。また、残念ながらすべての監理団体が適正に技能実習制度を運用してい[…]

選ぶポイント

★外国人労働者の雇用を検討されている企業様へ

外国人労働者アクセスでは企業様に合った実績のある優良な監理団体や登録支援機関を無料にてご紹介しています。

例えば
●受入れについてのご相談
●外国人人材のご紹介
●入管や機構への提出書類
●就労後の支援活動内容やサポート費用等
ご不明点などありましたら、お気軽にご相談ください。