長期化する渡航制限 北関東企業、外国人材の確保模索【日本経済新聞2021年1月28日】

長期化する渡航制限が北関東企業の外国人活用にも影を落としている。技能実習生や留学生は計画通りに来日できず、現地での採用活動もままならない。ただ、人手不足が深刻な企業にとって外国人材は欠かせない存在だ。各企業はウェブ面接の導入や日本語学習の現地化など試行錯誤を重ねている。

「2020年6月には技能実習生3人を迎えるはずだったんだが」。スーツ縫製を手がける那須夢工房(栃木県大田原市)の小林進社長は肩を…

日本経済新聞

長期化する渡航制限が北関東企業の外国人活用にも影を落としている。技能実習生や留学生は計画通りに来日できず、現地での採用活…