農家不法就労、派遣側も逮捕 コロナで人手不足背景 職安法違反容疑【朝日新聞2020年10月24日】

長野県南牧村の高原野菜農家で無許可でベトナム人を働かせたとして、県警は大阪府の人材会社「ホアンアン合同会社」代表の柴田由起子容疑者(45)=大阪市西成区=ら3人を職業安定法違反(無許可労働者供給事業)の疑いで逮捕した。新型コロナウイルスの影響で農家は人手不足になっており、同社はほかにも紹介していたという。

逮捕は22日。県警によると、柴田容疑者らは6月中旬~9月下旬、無許可で技能実習生のベトナム人の男3人を南牧村の二つの高原野菜農家で働かせた疑いがある。男3人は農業や建設業に従事していたが、2~4月に行方をくらました。SNSなどで同社の求人を知って働いていたといい、いずれも県警が出入国管理法違反(資格外活動)の疑いで9月29日に逮捕していた。(里見稔)

朝日新聞デジタル

 長野県南牧村の高原野菜農家で無許可でベトナム人を働かせたとして、県警は大阪府の人材会社「ホアンアン合同会社」代表の柴田…