特定技能在留者6月末で6000人 入管庁【労働新聞社2020年9月1日】

出入国在留管理庁は6月末現在における特定技能1号の在留外国人数を公表した。3月末から約2000人増加し、5950人となっている。

産業分野別にみると、飲食料品製造業が2094人で最も多く、農業930人、外食業607人、産業機械製造業561人、素形材産業537人、建設374人、電気・電子情報関連工業268人と続いた。

在留資格の取得ルートは、…

労働新聞社Webサイト

出入国在留管理庁は6月末現在における特定技能1号の在留外国人数を公表した。3月末から約2000人増加し、5950人となっ…