橋から女性転落 技能実習生、とっさに川へ飛び込み救助【朝日新聞2020年9月1日】

写真・図版

川で溺れていた女性を救助したとして、春日・大野城・那珂川消防組合消防本部は26日、福岡県宇美町在住の技能実習生でベトナム国籍のヴー・ドゥック・フインさん(22)に感謝状と記念の盾を手渡した。

同本部によると、フインさんは今年6月9日午後、大野城市御笠川2丁目の御笠川のほとりで休憩中、50代の女性が橋から川に転落したのを見てすぐに飛び込み、女性を引き上げた。女性は無事だった。

フインさんによると、川底に足が届かないほどの深さだったが、背後から女性に近づいて腕をつかみ、岸まで引っ張って泳いだという。「助けることができてうれしかった」と話した。

フインさんはベトナム・ハノイ出身で、幼い頃から近くの川や池で泳いで遊んでいたといい、ベトナムでも溺れていた人を救助したことが4回あるという。

現在は大野城市内の会社で左官業の技能実習中で、来年1月に帰国予定。(岩田誠司)

朝日新聞デジタル

 川で溺れていた女性を救助したとして、春日・大野城・那珂川消防組合消防本部は26日、福岡県宇美町在住の技能実習生でベトナ…