ここ十数年の日本の景気拡大により、多くの企業で労働力不足が供給制約となっていました。
特に中小企業における人手不足は深刻で、労働力の確保が重要な経営課題となっていました。