記者会見する(左から)愛知県労働組合総連合の顧問榑松佐一さん、中国人技能実習生の劉震さんら=12日、名古屋市

愛知県労働組合総連合(愛労連)は12日、名古屋市で記者会見し、新型コロナウイルス感染拡大で中国人技能実習生24人が実習期間終了後も2カ月以上帰国できずにいると明らかにした。
実習生らが経済的に困難な状況にあるとして、実習先などが帰国するまで雇用や生活面を支援すべきだと訴えた。

愛労連などによると、実習生は自動車部品大手のフタバ産業(愛知県岡崎市)での3年間の実習を終え、4月末に帰国予定だった。
感染拡大で中国への航空便が運休となり帰国できなかったため、同社に雇用継続を求めたが拒否された。

47NEWS

 愛知県労働組合総連合(愛労連)は12日、名古屋市で記者会見し、新型コロナウイルス感染拡大で中国人技能実習生24人が実…