食料、住む場所無償提供 コロナで困窮外国人を支援 仙台のベトナム人男性 /宮城【毎日新聞2020年7月7日】

仙台市に住むベトナム人男性ド・バン・トゥアンさん(39)はフリーランスで通訳の仕事をしながら、新型コロナウイルスの影響で困窮する留学生や外国人技能実習生に食料や住む場所を無償提供している。「アルバイト先が休業し、帰国もできず食べ物にも困る人が増えている」と訴える。

 貯金がほぼ底を突いた――。6月、同市の専門学校に通うベトナム人男性(23)がフェイスブックを通じ、トゥアンさんに助けを求めてきた。地下鉄駅前で待ち合わせ、コメや即席麺など1カ月分の食料と日用品が入った段ボールを手渡す…